過払い金請求で知っておいたほうが良い知識

###Site Name###

過払い金請で郵送する時は内容証明郵便を使いましょう。

取引履歴の開示請求を郵送で行うなら、内容証明を使うべきです。

貸金業者によっては、取引履歴の開示を渋ります。


闇金業者のような違法業者なら尚更です。


普通の郵便で済ませてしまうと、請求書が届いていないと嘘をつかれた時、困ります。


証明するものが無ければ、相手の言い分が通ってしまいます。


内容証明を使えば、このような言い逃れはできません。

アイフルの過払い関する情報探しのお役に立つサイトです。

内容証明は、裁判所の証拠としても使える強力なものです。

過払い金請求書を郵送する時も内容証明を使いましょう。もしもの時に備えるのは大切な事です。



過払い金の時効は最終取引から10年ですが例外もあります。貸金業者からの借金を完済して、10年経つと過払い金は時効になります。完済してからすぐに借り入れをした場合、時効が延びる事もあります。

完済から借り入れの期間が続いたと見なされるためです。


この期間について厳密な定義はありません。

裁判所の判断も異なります。

一応覚えておいてください。

NAVERまとめ情報を集めたサイトです。

時効は10年、完済後にすぐ借りたら時効が延びる事もあり、払い過ぎたお金を回収出来る事もあります。

過払いの訴訟は時効の範囲内なら勝てます。時効前に訴訟に持ち込めば、知識のない素人であっても訴訟で勝つ事が出来ます。
払い過ぎたお金を取り戻せます。
訴訟費用や交通費も回収出来ます。


手間賃や日当も同じです。訴訟というと、やや気が引けますが、ほぼ確実に勝てると覚えておいてください。

裁判所は地方裁判所のほうが有利です。

簡易裁判所が不利なのは相手方が代理人を立てる事が出来るためです。

知識のない人を代理に立てられると、スムーズに手続きが進まなくなります。

時間がかかりやすくなり、お金の回収が遅れやすいです。


地方裁判所では、こういった不利な条件がないため、手続きがスムーズです。

特に時間がない方は、地方裁判所を選ぶと良いでしょう。