返済の負担を軽くするための過払い金の請求

###Site Name###

過払い金の請求はキャッシングの利用途中でもできます。例えば、長期にキャッシングを利用している場合は複数の会社から借り入れていることも考えられます。

増額融資で1社あたりの金額も膨らみ、完済までに時間が掛かります。

そこで、長期に利用している場合は一度、契約書や取引明細を確認して、過払い状態でないかどうか確認することをおすすめします。



長期に利用しているほど、利息負担は重くなり、返済は苦しくなります。

過払い金の請求ができれば、今まで払い過ぎていた利息分は返還され、件数自体も減らすことができます。
この過払い金の請求は違法なグレーゾーン金利の返還であるため、任意整理や個人再生といった債務整理と違う点があります。

それは信用情報機関への登録です。そもそも返還請求であるため、債務の減額とは異なります。

任意整理や個人再生・自己破産については返済能力に起因するものですが、過払いの場合は違います。


そのため、信用情報機関に載らないのが通常ですが、貸金業者が登録するJICCでは登録されていた経緯もありました。金融庁の方針もあり、現在は登録されないことになっていますが、業者によっては情報登録するケースもありますので確認する必要があります。

また、返済途中であれば、弁護士などに依頼することにより、一時的に止めることができます。

受任通知の送付によって、弁護士と金融会社との交渉に移り、手続きが完了するまでは返済もストップします。

セゾンの過払いについての情報をまとめたサイトです。

債務整理を考えている場合、まず過払い状態を確認した上で手続きすると良いでしょう。

こだわりの高い日本経済新聞に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。